悪い面も知っておくこと

The man wearing sunglass

先ほどのページではjava関連の仕事をしている方が転職をするメリットについての説明をしました。ですが、やはり転職にはリスクがつきものです。デメリットについても理解をしておくことが大事です。
まず転職のデメリットとして考えられるのが、退職金などが大幅に減ることです。退職金は勤続年数で決まることがほとんどです。ですから、中途採用になると金額が減るのは避けることが出来ません。例え給料の良い転職先を見つけたとしても、貰える退職が減ることもあるので、理解しておくことが大事です。
また、転職先では一番の新入社員になります。これまでjava関連の仕事で経験を積んでいたとしても、その会社で先輩や上司ばかりになります。ですから、年下の先輩や上司も多くできることになるでしょう。場合によってはjava関連の仕事の能力が自分よりも低い上司がいる可能性もあります。そういったことに抵抗を覚える方は注意が必要となるでしょう。
さらに、一度転職をすることで会社を辞める癖がついてしまう人もいます。少しでも嫌なことがあれば別の会社へ行きたいと考えてしまうんです。java関連の仕事は多くあるので転職先は多くあるでしょう。ですが、あまりに頻繁に転職を繰り返すようであれば社会的な信頼を失ってしまうことになるでしょう。気を付ける必要があります。
java関連の仕事で転職を考えている方が理解をしておくべきことは、必ず良い環境になるとは限らないということです。メリットが多くある転職ですが、デメリットもあります。それを理解した上でチャレンジしましょう。